どれだけ水分補給したらいい?

どれだけ水分補給したらいい?

ホットヨガの特徴はとにかく長時間のエクササイズにより大量の汗が出る、そして老廃物を流し出し、また脂肪燃焼を促進させる効果が期待できることにあると思います。
ただこのエクササイズに無くてはならないものとして水があり、またこれをこまめに取ることが正しいエクササイズにつながるわけですが、ではその水分はどれくらい取ればよいのかという事で2つの視点で説明したいと思います。
ホットヨガを美容効果優先で考えている人であれば、1回60分のレッスンで平均1リットルくらいは飲用した方がよいでしょう。確かに個人差はありますが、ホットヨガで排出される老廃物を持続して押し流していく事を考えれば、レッスン中もそれくらいの水分を持続して飲用する必要があるでしょう。
一方、ホットヨガをダイエットのツールとして使う事を考えている人であれば、同様に一回のレッスン当たりの給水量は1リットルくらい。
ただしダイエットの場合はホットヨガで脂肪を燃やすことが優先されますので、脂肪を燃やしやすい水分を補給していかなくてはなりません。
つまり前述でも書いたように脂肪燃焼アミノ酸がここで重要になって来るのです。
バリン、ロイシン、イソロイシンの脂肪燃焼アミノ酸を効果的に取ることで発汗作用により脂肪燃焼が促され、また空腹時に給水していく事でより合理的な脂肪燃焼が実現します。最近はこれらの脂肪燃焼アミノ酸もタブレットで売っていたりしますので、これらと水を飲むだけでも同じ効果が得られます。